第7チャクラの活性化とその効果

第7チャクラは頭頂部に位置し、天とつながります。
第1から第6までのチャクラが完全に活性化されると、第7チャクラで解脱が起こると言われています。
第7チャクラが活性化されると、
・天職で活躍できる
・運がつく
・九死に一生を得る
:チャンスを生かす
といった特徴のある人生が開けてきます。

第7チャクラのキーワード
神性、霊性、高次元、ハイアーセルフ、超越、光、統合、天職、純粋。

第7チャクラに対応する身体の部位
脳、神経、精神、全身、皮膚、頭髪。

第7チャクラに対応するアロマ
サンダルウッド、ジャスミン、セージ、フランキンセンス、マンダリン、ラベンダー、ローズ、ローズウッド、ネロリ。

第7チャクラは、肉体とか地球とかを超越し、神性の領域に達し、宇宙と一体になるためのチャクラです。
すべからく、第1から第6チャクラが活性化していなければ、第7チャクラの完全な活性は叶いません。
が、だからと言って第7チャクラの活性化を諦める必要はなく、大切なのはバランスです。
そもそも、第1から第7までの全てのチャクラが完全に活性化し宇宙と完全に一体化するなどは、一生修行を続けてもどうかと言われているくらいです。
つまるところ、宇宙とのつながりを持つ第7チャクラが完全に活性化されると、その人は肉体を超越し神霊の世界に住むようになるわけで、これを「解脱」とか「悟りにいたる」と言って、輪廻の輪から脱し永久に宇宙で生きるようになるとされています。
肉体を伴った現世の生活は、無数の輪廻転生の果てに、過去世で負った罪業を抱え、苦しみや悩みを抱え、それを乗り越える修行の場であるとも言われます。
つまり、パワーストーンを使ったチャクラの活性化というプロセスも、私たちの人生修行であると見ることができるわけです。

その人生修行の一環として第7チャクラを考えてみるとき、その活性化によって、私たちの実生活に深くかかわる問題の解決の糸口が見えてきます。
第7チャクラが活性化されると、頭頂部から宇宙のエネルギーである「プラーナ」を受け取ることができます。
天運に恵まれていると言われる人は、第7チャクラから太いパイプが伸びていて、プラーナを十分に受け取り、強運の人となり、天職を見つけ輝いています。
希望と勇気に満ち、どんな困難をも乗り越える力を持っています。

第7チャクラが活性化されていないと、あらゆる運に見放されたような状態になります。
出会うチャンス出会うチャンスことごとくものにできず、労多くして功少なしといったふうで、空回り、貧乏くじといったおよそ惨めな人生になってしまいます。
こういう人は、自分勝手だったり人を慮る気持ちが足りなかったり、恨みや妬みなどのネガティブな感情が強かったりと、自分も他人も幸福にできない人生を歩んでいます。
このような状況は、実は、「自分を超えた存在に気づきなさい」というメッセージなのです。

第7チャクラの活性化は、総仕上げであり、同時により高次元のチャクラの活性化への出発点です。

このページの先頭へ